トップ

暮らしに必要な装飾

インテリで豊かな暮らし

暮らしを豊かにする情報

新着情報

暮らしを豊かにするインテリア 

室内装飾は、衣食住という人間が生きてゆくための基本的な要素から見れば、枝葉の問題であると言えない事もありません。しかし書院造という日本家屋の基礎となった住宅様式を例に取ると、いかに生活が洋式になっても、こうした部屋の必要性が減る訳ではありません。茶道や華道を始め、様々な日本の伝統行事を営むときには、こうした日本家屋は必須なのです。インテリアといえば、床の間に置いてある壺や掛け軸、また花瓶くらいではあっても、そこは日本の暮らしに必要な礼儀作法が培われる場であり、暮らしの中に伝統を伝えてゆく大切な場所でもあるのです。

インテリアは元気の源 

私たちは外で勤める会社員であろうと、家で家事に従事する専業主婦であろうと何かしらの形で日々仕事をしています。そんな暮らしの中で癒しを与えてくれるのは、自分の好きなインテリアで溢れた我が家でしょう。自分の大好きな家具に囲まれお気に入りの雑貨や食器、日用品がある空間には自分の色があり、元気になれるパワーがみなぎっています。インテリアにこだわり、目で楽しみ心が豊かになるということは、暮らしを上質なものにしてくれます。他人のお家にお邪魔して生活を覗いて見ると、空間はその人に染められた分身のように写ります。

一家でローン40年